育毛剤とマッサージ

育毛剤を使用する際には血流をよくすることが必要なため、
頭皮マッサージを組み合わせてみませんか?
部屋でゴロゴロしている間にも頭皮マッサージを習慣づけてみてはいかがでしょうか?

育毛、発毛において一番大事なのは「規則正しい生活習慣」と正しい育毛剤の使用です。

育毛剤の使用は毎日朝晩2回が理想的といわれています。
特に夜の就寝前の使用は、栄養が頭皮や髪の毛へ一番運ばれる時間帯となるため、高い効果が期待されます。
シャンプー後の風呂上がりには、頭皮が湿っているため、すぐに育毛剤を使用しても薄まってしまい
効果が期待できません。
しっかり頭皮を乾かせてから使用するようにしましょう。

頭皮のマッサージ方法
髪の毛が薄くなっている部分は直接マッサージしない方がよいです。
両側の側頭部の頭皮を指の腹で押し上げる様にして、頭頂部の頭皮をゆるめます。
同じように前頭部と後頭部の頭皮も押し上げます。

育毛剤の使用方法
・決められた使用用法、用量を守ります。
・育毛剤の効果はすぐには現れません。6ヶ月は毎日使用します。
・髪の成長の度合いも個人差があります。
・1年育毛剤を使用しても効果が出ない時は生活習慣の見直しも考える必要があります。
・効果を維持するために継続は最大の武器です。参考にしたサイト>>>>>育毛剤の効果口コミサイト

育毛剤の成分

育毛剤に含まれる成分には様々なものがあり、当然目的別に効能があります。
自分の頭皮の状態、髪の状態を良く理解し使用する事でより効率的な育毛ができる事になります。

育毛剤の効能は、血液促進、毛母細胞の活性化、頭皮殺菌、不必要な脂質の除去、炎症を抑える、保湿、栄養補給など様々です。
顔や体のお肌のお手入れと同様に良く自分の状態を分析してから使用しましょう。

育毛剤には果たす効能が表現されていますが、代表的な成分を紹介します。

■血行促進
ミノキシジル
世界的に認められているミノキシジルは頭皮全体の血行を良くする効果が確認されています。

■毛母細胞の活性化
ビチオン
ビタミンHの事でビタミンB群のひとつです。
脱毛や白髪対策に有効ですが、タンパク質、糖質の代謝に働き乳酸菌発育を促進します。

■頭皮殺菌
イソプロピルフェノール
殺菌、消毒の効果があり頭皮の殺菌においても含まれています。

■脂質除去
イオウ
イオウには余分な皮質を除去する効果があり、育毛剤だけでなくスキンケア用品などにも使用されています。
ビタミンB6
過剰な皮脂分泌を抑える働きがある。スキンケア用品にも広く使われている。

■頭皮炎症を抑える
グリチルリチン酸ジカリウム
頭皮の炎症防止だけでなく、フケや痒みも抑えます。

■栄養補給
アセチルメチオニン
アミノ酸の一種で毛髪に必要な元素を含みます。

■保湿
キトフィルマー
キューティクルを保護する為、枝毛や切れ毛の防止にもなります。PR:安い育毛剤は発毛効果がないの?

育毛における注意点

育毛は頭皮や髪の毛のために行いますが、育毛方法において、気をつけなければいけない注意点もあります。

①過度なブラッシング
薄毛、ハゲ防止のために、ブラッシングを行い、頭皮の血行を良くすると言う情報がありますが、ほとんどの症状の場合、これは間違いです。
本来、ブラッシングの目的としては、シャンプーの前に頭髪の中のゴミを浮かび上がらせ効率的に洗髪する。又は長い髪の方が髪の毛を束ねる時に行う行為なのです。
血行を良くする為に行う行為ではないのです。

過度なブラッシングは柔らかい頭皮を刺激し、痛めるだけでなく、破壊してしまうこともありうるのです。
ブラッシングにおける注意点はブラシの先端が頭皮にまで至らない様にそっと行うことです。

②皮脂を除去しすぎない
皮脂が原因で薄毛になる、ハゲになる、と言う情報から皮脂を根こそぎ除去する方がいます。
必要な皮脂まで除去しすぎると頭皮が乾燥し、ボロボロになって、余計に薄毛やハゲになってしまします。
人間の体が分泌する皮脂なのですから、悪いものではありません。
乾燥を防ぐ効果もありますので過剰な除去はしない様にして下さい。
頭皮を健康な状態に保つためには、毎日一回、洗髪をすることが大切です。
頭皮ケア用のシャンプー剤を使用すればほぼ間違いなく必要な皮脂は残して、健康な頭皮でいられます。

髪の毛自体のケアをする以前に、頭皮の状態を健康に保つことは育毛、発毛にとって大前提となりますのでしっかりとケアを行い、強力な成分のシャンプー剤などで痛めない様にしましょう。参考サイト:リアップ以外でおすすめの育毛剤は?