育毛剤の成分

育毛剤に含まれる成分には様々なものがあり、当然目的別に効能があります。
自分の頭皮の状態、髪の状態を良く理解し使用する事でより効率的な育毛ができる事になります。

育毛剤の効能は、血液促進、毛母細胞の活性化、頭皮殺菌、不必要な脂質の除去、炎症を抑える、保湿、栄養補給など様々です。
顔や体のお肌のお手入れと同様に良く自分の状態を分析してから使用しましょう。

育毛剤には果たす効能が表現されていますが、代表的な成分を紹介します。

■血行促進
ミノキシジル
世界的に認められているミノキシジルは頭皮全体の血行を良くする効果が確認されています。

■毛母細胞の活性化
ビチオン
ビタミンHの事でビタミンB群のひとつです。
脱毛や白髪対策に有効ですが、タンパク質、糖質の代謝に働き乳酸菌発育を促進します。

■頭皮殺菌
イソプロピルフェノール
殺菌、消毒の効果があり頭皮の殺菌においても含まれています。

■脂質除去
イオウ
イオウには余分な皮質を除去する効果があり、育毛剤だけでなくスキンケア用品などにも使用されています。
ビタミンB6
過剰な皮脂分泌を抑える働きがある。スキンケア用品にも広く使われている。

■頭皮炎症を抑える
グリチルリチン酸ジカリウム
頭皮の炎症防止だけでなく、フケや痒みも抑えます。

■栄養補給
アセチルメチオニン
アミノ酸の一種で毛髪に必要な元素を含みます。

■保湿
キトフィルマー
キューティクルを保護する為、枝毛や切れ毛の防止にもなります。PR:安い育毛剤は発毛効果がないの?